院長紹介|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 

院長紹介

大宮七里眼科 院長 山崎 健一朗 日本眼科学会認定 眼科専門医大宮七里眼科 院長 山崎 健一朗 日本眼科学会認定 眼科専門医

略歴

1996年
日本医科大学卒。
日本医科大学附属病院麻酔科にて研修し麻酔科標榜医取得後、横浜市立大学医学部付属病院眼科学教室に所属する。
この間、同大学病院、小田原の佐伯眼科クリニック、横浜労災病院、国際親善総合病院に勤務。
その間に数千例の白内障手術を執刀する。
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を日本国内で認可されてすぐに使用を開始。
白内障手術以外に加齢黄斑変性黄斑に対する光線力学療法(PDT)、抗血管内皮増殖抑制因子硝子体注射療法(ルセンティス、マクジェン)などの治療も多数行う。
2008年09月
さいたま市見沼区にて大宮七里眼科を開院。すぐに多焦点眼内レンズを用いた日帰り白内障手術を開始。
2010年01月
厚生労働省から多焦点眼内レンズを用いた白内障手術にて先進医療認定施設に指定される。
2012年06月
日本で初めてフェムトレーザーを用いた白内障手術に成功。多数のマスコミに取り上げられる。
2012年11月
国内で初めてとなるレーザー白内障手術の学会発表を第77回横浜市大・神奈川県眼科医会研修会にて行う。
2012年12月
世界最先端のレーシック機器、リフラクティブスイートを導入し、レーシック開始。
8月、有水晶体眼内レンズによる近視矯正手術を開始。スター社からICL認定施設に指定される。
2013年08月
白内障手術2900件以上、そのうち多焦点眼内レンズ使用症例を510件以上、レーザー白内障手術を180件以上行う。
多焦点眼内レンズについては国内最多レベルの症例数をもち、さらに日本初のレーザー白内障手術術者として多数の国内の眼科医向けの勉強会や眼科用医療機器メーカー、眼科製剤の製薬会社など大企業で講師を務める。

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本眼科手術学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • アメリカ白内障屈折手術学会(ASCRS:American Society of Cataract and Refractive Surgery)
  • 国際眼科屈折矯正学会(ISRS:International Society of Refractive Suegery)

専門医・認定医

  • 日本眼科学会認定・眼科専門医
  • 眼科PDT講習会受講終了認定医

論文発表

  • 脈絡膜破裂のある外傷性黄斑円孔への硝子体手術の一例
    横浜医学、56(3),197-200・2005
  • 大きな脈絡膜悪性黒色腫瘍の眼球温存治療後に発生した硝子体出血への硝子体手術の一例
    臨床眼科、60(10),1757-1761・2006

共書

  • 光干渉断層計を用いた糖尿病黄斑浮腫に対する柴苓湯の有用性の評価
    横浜医学 59(4), 495-499, 2008-10-00

学会発表

  • 内頚動脈閉塞による血管新生緑内障の一例
    第65回横浜市大・神奈川県眼科医会研修会
  • 急性網膜壊死患者の眼内ウィルスゲノムコピー数の検討
    第89回神奈川県眼科集談会
  • 網脈絡膜障害を伴った外傷性黄斑円孔に対し硝子体手術を行った一例
    第26回日本眼科手術学会総会
  • 大きな脈絡膜悪性黒色腫瘍の眼球温存治療後に発生した硝子体出血への硝子体手術の一例
    第59回日本臨床眼科学会
  • 眼内レンズ度数算出における非接触式眼軸長測定装置(IOLマスター)と接触式超音波Aモードによる測定値の比較
    第72回横浜市大・神奈川県眼科医会研修会
  • 2種類の非球面回折型多焦点眼内レンズ挿入後の視機能の比較
    第27回日本白内障屈折矯正学会総会
  • +3.00D および+4.00D 加入の多焦点眼内レンズによる白 内障術後の視機能の比較
    第66回日本臨床眼科学会
  • フェムトセカンドレーザー白内障手術の術中所見と初期術後成績
    第77回横浜市大・神奈川県眼科医会研修会)*日本国内学会における最初のレーザー白内障手術の学会発表
  • LenSx(レンズエックス)によるフェムトセカンドレーザー白内障手術の初期成績
    第28回 日本白内障屈折矯正学会総会

大宮七里眼科の学会発表

  • 近方加入度数+4Dの回折型多焦点眼内レンズの術後成績
    第53回日本視能矯正学会

セミナー・講演

  • 多焦点眼内レンズの使用経験
    2009年 日本アルコン社主催・千葉県眼科医講演会
  • 多焦点眼内レンズの導入および実際の症例
    2010年 日本アルコン社主催・栃木県眼科医講演会
  • 多焦点眼内レンズの説明 ver2.0を提唱する
    2012年 AMO社 社内講演
  • 最先端の白内障手術 多焦点眼内レンズとレーザー白内障手術
    2012年 参天製薬 社内講演
    2012年 HOYA社 社内講演
    2012年 大塚製薬 社内講演
    2013年 千寿製薬 社内講演
    2013年 ノバルティス社 社内講演
  • 私がiQ ReSTOR+3Dを選択する理由 ~臨床結果と院内の工夫
    第27回 日本白内障屈折矯正学会・モーニングセミナー
  • フェムトセカンドレーザー白内障手術について
    2013年 ベータの会(横浜市・稲村眼科クリニックでの眼科医向け講演)
  • 多焦点眼内レンズ・適応の再検討
    2013年 日本アルコン社主催・IOLアップデートセミナー岡山

2012年6月16日に日本屈折矯正学会のモーニングセミナーで講演を行いました。
「私がiQ ReSTOR+3Dを選択する理由~臨床結果と院内の工夫」という演題です。
大宮七里眼科での豊富な多焦点眼内レンズの使用経験をもとに、多焦点眼内レンズの選択についてお話ししました。また、大宮七里眼科でのデータも紹介しました。

院長が“目の玉日記”という漫画に出ています!院長が“目の玉日記”という漫画に出ています!

目の玉日記
小林よしのり先生は「おぼっちゃまくん」「ゴーマニズム宣言」「東大一直線」などの作品で有名な漫画家です。

「目の玉日記」という漫画は2005年に小林先生が小田原の佐伯眼科クリニックで白内障手術をうけたときのお話です。
小林先生は佐伯眼科クリニックを受診したときにいかにひどい見え方だったか、手術の様子はどうだったか、手術が終わった後どのように見えたかなどが詳細に、そしてコミカルに描かれています。

白内障によってどのような見え方になるか、写真で撮ることはできないので患者さんが他のひとに表現するのはなかなか難しいことです。
小林先生は漫画家なので、白内障での見え方や手術による変化を漫画によって的確に表現しています。
Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.