レーシック手術について(手術後の注意)|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 

レーシック手術について(手術後の注意)レーシック手術について(手術後の注意)

レーシック手術を受けた後、注意しなければならない事がいくつかあります。
手術直後(1週間ほど)は特に注意をする必要がありますので、担当医の先生の指示に必ず従うようにしてください。


手術直後の注意点

レーシック手術直後の眼に対して、刺激を与えたり、何かをぶつけたり、ゴミが入らないように気をつけてください。レーシック手術直後には保護用グラスを着用して帰宅してもらいますが、安全には十分気を使ってください。

また手術直後は視力が安定していないため、患者さんが車の運転をすることは非常に危険ですので、控えてください。

帰宅後は処方された点眼薬を決められた通りに使用してください。手術当日はアルコール摂取を控え、入浴・洗顔・洗髪も控えるようにしてください。その他、テレビやゲームなどの眼を長時間使う行為も控えてください。

手術後~1週間の注意点

手術後の検査で問題がないと判断されたら、その翌日から入浴・洗髪は可能ですが、眼に水や石けん等が入らないように注意してください。洗顔も極力眼の周りは避け、まぶたをこすらないようにしてください。また女性の方はアイメイクも可能な限り控えてください。

スポーツも控え、普段の生活の中でも、ゴミや衝撃から目を守るためにも、保護用グラスは可能な限り着用してください。少しでも見え方がおかしくなったり、異常を感じた場合はすぐに眼科に連絡をして、早期に検査をしてください。

手術後1週間~1ヵ月の注意点

ジョギングなどの軽い運動は、1週間後の検査で問題なしと判断された場合、可能になります。ただし、球技や格闘技、水泳・ダイビングのように目に衝撃を与える危険性のあるスポーツは避けてください。

女性の方もアイメイクをしても問題ないですが、眼の中に入らないように注意してください。手術直後より引き続き、まぶたをこすらないように注意してください。

手術後1ヵ月~の注意点

レーシック手術から1ヵ月以上が経過し、眼の状態も問題ないと判断されたら、普段の生活に戻ってかまいません。水泳やダイビングなども行えます。

ただし、手術後3ヶ月くらいまでは安定期間として、状態を注意深く観察する必要があります。あまり眼に負担のかかるようなことは控えてください。


上記で挙げたのはあくまでも一例にすぎません。患者さん個人の眼の状態や担当する医師によって異なることもありますので、手術後の検診では担当医としっかり話をしたうえで、普段の生活を過ごすようにしてください。

もし何か不安なことや眼に異常を感じたら、すぐに担当医に連絡をするようにしてください。

Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.