レーシック手術の歴史|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 

レーシック手術の歴史

2000年より、日本でも急速に普及していったレーシック手術ですが、レーシック手術自体の歴史は意外にも古く、その発想自体は1800年代後半にまでさかのぼります。

1980年代まで

この時代に”角膜を切開して屈折率を変える”という発想が生まれ、角膜屈折治療の研究が進んだと言われています。

1800年代後半

1939年に順天堂大学の佐藤勉教授の執刀により、角膜を切開する近視矯正手術「放射状角膜切開術(RadialKeratotomy=RK)」が日本において初めて実施されます。

この手術によって、近視矯正に成功しましたが、時間の経過と共に角膜に混濁が発生したため、しばらくこの手術は利用されなくなりました。その後、1972年頃にロシア(旧ソ連)のフィヨドロフ医師により、これまでのRKを改良させた安全性の高いRKが完成され、さらに手術器具の改良により、世界へと広がっていきました。

1980年代

アメリカで開発されたエキシマレーザーが臨床応用されるようになります。角膜の表面にエキシマレーザーを照射する手術は「角膜表層切開術(Photorefractive Keratectomy=PRK)」と呼ばれ、「RK」に取って代わる近視矯正手術の主流となりました。

1990年代

ギリシャのI.G.パリカリス博士が、マイクロケラトーム(超小型の金属メス)を用いてフラップ(角膜の表面をフタのようにしてめくりあげたもの)を作成し、エキシマレーザーを照射する「レーシック」を世界で初めて実施しました。PRKと比較して術後の回復が早く、視力の矯正力も高いことが評価され、1995年にFDA(アメリカ食品医薬品局)からレーシックによる手術が認可されました。

その後レーシック手術は視力矯正手術のスタンダートになっています。

2000年代

視力回復が早いことや術後の痛みが少ないことなどから、レーシック手術が評価され急速に普及していきます。
日本では厚生省(現・厚生労働省)にてエキシマレーザーの使用認可が下りたのが2000年のことです。

しかし、当時は認知度が低く、手術ということで抵抗があったためか手術を受ける人はまだまだ少なく、2000年にレーシック手術を受けた人は2万人程でした。

最近の動向

最近ではレーシックについて研究が進められ、2009年にレーザーでの手術は安全であると位置づける研究結果が出ており、日本でも主流の手法として広まっています。

視力矯正効果も高く、短時間で手術が終わるため、若者を中心に手術を受ける方が年々増加しています。

Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.