レーシックとは?|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 

レーシックとは?

レーシック(LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、眼の表面の角膜にエキシマレーザーを使い、角膜の形状を変えることによって屈折率を変化させ、視力を矯正させる手術のことです。

90年代よりアメリカを中心に広まった施術法で、日本では2000年に厚生労働省からエキシマレーザーを使った屈折矯正手術が認可されました。それ以降、眼鏡やコンタクトに代わる第3の視力矯正方法として高い注目を集めています。

正式名称「Laser in Situ Keratomileusis」正式名称「Laser in Situ Keratomileusis」

LASIKの正式名称は「Laser in Situ Keratomileusis」といい、ギリシャ語の

Keratos:角膜 Mileusis:修正する

に由来する造語です。直訳すると”レーザーで角膜を修正する”という意味になり、それぞれの頭文字を取ってLASIKといいます。

視力を矯正する場合、眼鏡やコンタクトレンズを利用することが一般的でしたが、レーシック手術では角膜の屈折率を矯正することで視力を回復させます。これにより、裸眼で生活することもできるようになります。

Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.