年齢別のレーシック手術|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 

年齢別のレーシック手術

レーシック手術は18歳以上であれば受けられることができるので、非常に幅広い年代の方が手術を受けています。

しかしそれぞれの年齢に応じて、手術前と手術後に気をつけなければならない事が異なりますで、注意が必要です。

レーシック手術のメリット

国内でのレーシック手術は、18歳以上から受けることができます。手術を受けるのに年齢制限がある理由は、「視力の安定」にあります。 10代はまだまだ成長段階にあり、成長に伴い視力が変動する(近視・遠視・乱視など)可能性がありますので、視力が比較的安定する18歳になるまで、レーシック手術を受けることができません。また18~19歳の方が手術を受ける場合、保護者の同意書が必要となります。

20代~30代のレーシック手術

最もレーシック手術が盛んな年齢層です。パソコンを長時間使用するオフィスワークや、携帯電話・スマートフォンなどのディスプレイ(VDT)を見続けることが多く、視力の低下が進みやすいのもこの世代で、レーシック手術が多い一つの要因でもあると言えます。
しかし10代の頃とは異なり、視力も安定しているので、レーシック手術を受けるのに適した年代であると言えます。

40代~50代のレーシック手術

人間の視力は40歳くらいを境目に低下するケースが多く見られます。ただし、この40代という年齢は、視力低下と同時に老眼や白内障といった症状が始まりだす場合もあります。その場合、レーシック手術を受け視力を矯正したとしても、老眼などが進行し、老眼鏡をかけなければいけないというケースもあります。
この世代の方は、様々な眼の病気を発症している場合があります。しかしそのほとんどが、自覚症状が無いほどの初期段階にあるため、まず気づきません。レーシック手術を受ける前に、まずは眼科医に相談の上、正しい視力矯正の方法を見つけることが大切です。

60代~のレーシック手術

レーシック手術を実施している眼科では60歳(または65歳)を上限としているところも多いようです。理由としては、老眼や白内障、緑内障といった症状がみられるケースが多いことが挙げられます。ただし、これらの症状が無く、目の状態に問題がない場合は、レーシック手術を受けることは可能な場合もありますので、まずは一度眼科医に相談の上、検査を行ってください。

Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.