当院が提供する最先端レーシック技術|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 
  • TOP
  • 当院が提供する最先端レーシック技術

当院が提供する最先端レーシック技術当院が提供する最先端レーシック技術

当院が提供する最先端レーシック技術

レーシック手術は、レーザーを照射する前にフラップと呼ばれる角膜のふたを作ります。
従来のレーシック手術では、このフラップを作るために、例えるとカンナのようなマイクロケラトームという器具で作成していました。

しかし近年では、フェムトセカンドレーザーと呼ばれるレーザー技術を用いることで、高精度のフラップを作成することが可能になりました。

大宮七里眼科では、このフェムトセカンドレーザーのなかでもアルコン社のFS200を導入しています。このFS200は現存するフェムトセカンドレーザーの中で、最速の精度でフラップ作成することができる最新の機器です。

このように大宮七里眼科では最先端のレーシック技術を用いて、患者さん一人一人にあった治療を行っています。
そして、患者さんに安心して手術を受けてもらえるよう院内の施設を充実させています。

大宮七里眼科が提供する最先端のレーシック技術をご説明します。


大宮七里眼科のレーシック機器大宮七里眼科のレーシック機器
大宮七里眼科が使用する大宮七里眼科のレーシック機器をご紹介します。
レーシック専用フロア
大宮七里眼科はレーシック患者さん専用のフロアをご用意しています。
大宮七里眼科のレーシック実績
大宮七里眼科が使用しているレーシック機器には大宮七里眼科のレーシック実績があります。
Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.