ICLという新しい技術|レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)

レーシック手術なら、国内トップレベルの大宮七里眼科のレーシック実績の大宮七里眼科(さいたま市)
 

ICLという新しい技術

近視を治す方法のひとつとして眼内レンズを挿入する手術があります。
ICLは小さなレンズを目の中に移植して近視や乱視を治療し、裸眼手術を回復させる視力矯正手術です。

レンズ

高精度の眼内レンズを眼の中に移植することで、手術後に早期からハッキリと見え、良好な視力を長く持続することが期待できます。

強い近視のひとに挿入することで近視を矯正する有水晶体眼内レンズ(ICL)が厚生労働省で認可されました。
有水晶体眼内レンズの手術は日本ではまだ認可されたばかりで普及していませんが、世界的には多くの手術が行われています。


レーシック手術を受けられない方も適応が可能レーシック手術を受けられない方も適応が可能

角膜を削らない治療方法なので適応範囲が広く、レーシック手術などのレーザーによる手術では治療が難しいとされてきた強度近視の方、角膜が薄い方に対しても適応が可能ですので、是非ご相談ください。


大宮七里眼科はICL認定クリニック大宮七里眼科はICL認定クリニック

ICL技術認定書

ICLは、厚生労働省に承認されています。
高度な医療技術が要求されるICLは、メーカーにより技術認定を受けた医師だけが手術を認められています。

当院はICL認定ドクターが在籍している病院として、STAAR社より認定されています。


ICL(アイシーエル)について メニュー一覧

ICLのメリット
ICLのメリットについて紹介します。
ICLで使用されるレンズと安全性ICLで使用されるレンズと安全性
ICLで使用されるレンズと安全性について紹介します。
ICLに適している人とは
ICLに適している人はこんな人です。
Copyright ©Omiya Nanasato Eye Institute All Rights Reserved.